☆障がいサービス利用に関する相談
障害のある方が、身近な地域で生活を送れるよう支援します。
平塚市や関係機関等と連携をとりながら、障がいのある方それぞれに合わせた「サービス等利用計画・障害児支援利用計画」を作成します。
☆自立訓練(機能訓練)
身体障がいのある方が自分らしい生活を再構築するための支援を行います。一定の利用期間の中で「今後どのような生活をしたいのか」を共に考え、その実現に向けてのお手伝いをします。障がい福祉独自のサービスで、介護保険サービスと併用して使える可能性があります。
・開所日:月曜~土曜日(日曜・祝日・12月29日~1月3日を除く)
・利用時間:09:30~16:00
・対象者:身体障害手帳をお持ちの方
・1日定員6名
・利用期間:初回利用月から1年~最大1年半までの有期限のサービス
・送迎もします
・スタッフ:セラピスト(作業療法士)、生活支援員、看護師
・支援内容
障がいのある方が自分らしい生活を再構築するための支援を行います。一定の利用期間の中で「今後どのような生活をしたいのか」を一緒に考え、利用者と共に支援計画やプログラムを立案していきます。
<具体的実施内容>
・筋力など身体機能や記憶など認知機能に関連する訓練
・屋外移動や公共交通機関の利用などの外出・移動の練習
・トイレ動作や入浴動作など日常の身の回りの生活行為の練習(,,,,,
・調理・洗濯・掃除など家事の練習
・趣味などの余暇活動への支援
・仕事に必要となる技能の練習(パソコン練習や生活活動等)
<相談、助言、教育等>
手すりの設置など家屋環境の改善、自助具や日常生活用具等の提案
その他、生活に関わる相談、助言、教育等
☆生活介護(特殊浴槽・看護師常駐)
日常的に介護を必要とする方に対して、主に日中(昼間)に、入浴・排せつ・食事等の介護等に関する相談・助言その他の必要な日常生活上の支援、創作的活動・生産活動の機会の提供のほか身体機能や生活能力の向上の為に必要な援助の提供を行います。
看護師が常駐していますので、医療行為(,,)も可能です。
・開所日:月曜~土曜日(日曜・祝日・12月29日~1月3日を除く)
・利用時間:09:30~16:00
・延長利用:16:00~18:00(事前申し込み)
・対象者:常時介護等の支援が必要な方
・1日定員14名
・送迎もします
主に日中(昼間)において
・入浴、排せつ、食事等の介護
「状態の応じて選べるお風呂」
①:寝たまま入れる特殊浴槽(,
②:椅子に座った状態で入れるリフト浴
③:リクライニングできるリフト浴
④:歩いて入る一般浴(,
⑤:個浴
・生活等に関する相談、助言
・その他の日常生活上の支援
レクリエーション等創作活動の提供
※定期的な外出活動により気分転換を図る。
・生産的活動の機会の提供
ペットボトルのエコキャップの仕分け
DVDラベルはがし作業
・身体機能、もしくは生活能力の向上のために必要な支援などの提供
※リハビリ専門職によるリハビリテーションの実施
☆訪問介護
障害者総合支援法に基づき、障がいのある方がご自宅で自立した生活を送れるよう支援します。
ホームヘルパーが訪問し、掃除・洗濯・買い物・調理等の家事援助や食事介助・入浴介助・排泄介助・通院介助等の身体介護を行います。
また、官公庁や銀行等の公共機関への外出・買い物同行や余暇活動等社会参加のための外出介助を「移動支援」を利用し行います。
制度上、できない部分を自費で行うサービスもありますので、ご相談ください。
[自費サービス料金]
・家事援助を中心とした活動 30分ごと 750円
・身体介護を中心とした活動 30分ごと 1,000円
※交通費がかかる場合もあります。

  • 障がいサービスの計画を立てる「相談支援事業所」と介護保険の支援計画を立てる「居宅介護支援事業所」が併設しています。
  • 障害福祉サービスと介護保険サービスの橋渡しをすることによって、ケアの内容に変化・低下が生じないように支援します。
  • 相談は、保健師・看護師、主任ケアマネジャー、介護福祉士、社会福祉士等が対応します。
  • 医療・福祉あらゆる相談に応じます。

高齢者よろず相談センター

  • 高齢者に関する相談

成年後見利用支援センター

  • 市民後見人の養成

ひらつかあんしんセンター

  • 日常生活自立支援事業
  • 法人後見事業

設備

  • 会議室
  • 浴室
  • 和室
  • 訓練台
  • 平行棒
  • 車椅子用体重計
  • トイレ

その他

  • ギャラリー